徳島大学生のインターンシップの受入れを行います。

こんにちは!
一昨日、徳島大学へ地域課題解決型インターンシップの説明会に行ってきました!

説明会の前に、当スクールや当クラブについて心身健康コースの先生方とお話しを行いました。神経系の発達を考えたプログラムの重要性を1時間30分ほどお話しました。いや~本当に素敵な時間でした~ ~

やっぱり当クラブを「もっと大きくしていかないと」と改めて感じたし、色んな情報や知識がまたアップデートされました!(先生方これからもよろしくお願いします!)

さて、濃い時間を過ごした後は説明会です。先生方との話が盛り上がって説明会が始まる10分前に会場に着きました。(今度はプレゼンです。。。「また集中しなおさな。」とこの時18:05。昨日は1日が長かったですw)

この徳島大学のインターンシップは
企業のインターンシップだけでなく、自治体の地域課題解決(地方創生)のプログラムがあります。(地方創生を実践的に学べます!めっちゃいい取り組み!!)

そしてこのプログラムの受入れ担当は地域おこし協力隊が担当します。(自治体職員より比較的自由に活動ができるため)
今年度の受入れ先は三好市の他に「徳島県」と「那賀町」です。


2年前から始まったこのプログラムは始まった年から連続で三好市地域おこし協力隊と学生が一緒になって地域課題の解決に取り組んでいます。(協力隊の先輩から今年は引き継ぎました!)

今年の三好市のプロジェクトはずばり!
➀静水ラフティング実習の学校カリキュラム化へ向けての活動
➁小学生向けラフティングイベントの企画運営と継続的な取り組み調査。
です。

このプロジェクトを考えた理由は
「地域の人がラフティング(地域魅力)を体験していない/知らない⇒地域に愛着や誇りがない⇒地域に関心がない⇒地域から離れる」
これに歯止めをかけるため。また若者の人口流出に歯止めをかけるためです。

まずは「地域の魅力を体験/知ること」そして
「凄い。楽しいという思いから⇒地域に関心を持つ⇒地域ごとに積極的に参加するようになる」という循環を作りたいのです。

私のこれまでの経験上、地域愛着や誇りがある人ほど地域に貢献する人/活発的な人だと思っています。こんな人をまち中に溢れかえしたいのですw

三好市は水上スポーツの環境が日本トップレベルです。世界でも認められた環境です。そんなところで水上スポーツ(地域スポーツ)ができるって本当にすごいと思いませんか?

都会だと2時間3時間かけて水上スポーツをしに行きます。三好だと朝サップして通勤ができるほどすぐそばに川があります。(実際通勤前にサップをしたことがあって今年もしたいな~と思っています!朝運動すると脳が働くしめちゃくちゃ気持ちいので!!おすすめ!)

しかし、こんないい環境が近くにあるのにも関わらずほとんどの人がその良さや楽しさを知らずにいます。

これはもったいないですよね?
やってみるとすごく楽しいし安全に楽しむリスク管理もちゃんとあります。

これからはその良さや魅力を体験し、安全に遊ぶことができるようになって欲しいのです!

地域スポーツ(水上スポーツ)を通して地域の魅力を楽しむことで地域愛着や誇りを芽生えさせたいのです!

そうすると「三好市には何もない」という人が減って活気あるまちになると思うんです!!

「地域魅力を体験⇒地域愛着や誇りが芽生える⇒地域の行事に積極的に参加する/活気がある」
この循環を作りたいです!

大学で勉強していた「スポーツを通してまちを元気に」をこのまちで実現したいと思います!

ラフティング実習は協力隊のInstagramやFacebookで投稿しています!
投稿お楽しみに♪

Instagram
https://www.instagram.com/kyoryokutairyohei?utm_source=ig_web_button_share_sheet&igsh=ZDNlZDc0MzIxNw==
Facebook
(20+) Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です